イラストへの憧れ
絵が下手な管理者が、絵を描かずにイラスト的なものができないかと日々実験しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Poser
念願のLightWave3Dをついに入手したのですが、現在メタセコ+Poser+metatoonでやってるようなことをできるようになるには、随分と時間がかかりそうです。
なので、例によって手抜き手軽に絵が作れないかと、Poserで色々チャレンジしてみました。
…そして結局、「確かにPoserでも色々なことができるけど、色々な不満を解消するには自分でフィギュアを作らねばならず、それならLWに習熟してボーン入れて動かした方がよさそう」という結論になりました。ここ数日の苦労は、なんにもなりませんでした。
そして結局、いつものやりかた。Poserフィギュアの頭すげかえ。
hishakaishindo01.jpg
首から下はJudy。顔は前に作ったのをちょっといじりました。背景はShadeの森シリーズです。手抜きバンザイ。(とは言え森シリーズは、メタセコに読み込んで編集する作業が大変なんですが。でも自分で作るよりは遥かにラクです。)髪の毛がちょっとツヤベタ入れたっぽい感じになったのは嬉しいのですが、カラーでこれはちょっと合わないかも…。metatoonの「被写界深度」機能を試してみたのですが、この程度の距離だとレンダリング時間かかるばっかりでなんの意味もありませんでした。
posertoon01.jpg
こちらは挫折過程での副産物、Poserでのレンダリング。Poserはとにかくまだまだわからないことが多すぎて、使いこなすには遠い道のりです。かと言って、他のソフトは使いこなせているのかと言えばそんなことは全くありません。とほ。
スポンサーサイト
Celshade、CelsView、メタセコ標準セルシェーダー
ずいぶん前にダウンロードしたんだけど、使い方がわからなくて使っていなかったCelshadeと、この前ダウンロードしたCelsViewをようやく試してみました。
とは言ってもまだまだ、設定がダメダメ状態です。ネットで公開されてる他の方の画像を見ると、とても実力のあるソフトのはずなのですが。私の使いこなし能力が足りてません。
celshade01.jpg
なんとなく線の出方は、裏面ポリゴンで出すエッジに似た感じ。ちょっと手描きっぽい味のあるラインでいい感じです。モデルをセル調表示のままリアルタイムで動かせるプレビューが楽しくて、ついムダにぐりぐり視点移動してしまいます。
celsview01.jpg
こっちはCelsView。

メタセコイアのベータ版に搭載されたセルシェーダーも、さっそく試してみました。
celshader01.jpg
線の出方はけっこう綺麗。こちらも裏面ポリゴンっぽい線です。影の部分が黒ずむため、、自己照明をうんと上げてごまかしたら、なんだかPhotoshopでポスタリゼーション加工したみたいな感じに。これはこれで悪くないですが。

LightWaveが届いたら、unRealプラグインも試してみます。ソフトによる線の出方が随分違うので、あれこれいじって比べてみたいです。

テーマ:3DCG - ジャンル:趣味・実用

森シリーズ活用
寝不足が続いたから早く寝ようと思いつつ、CGにはまり始めると止まらず、またこんな時間に…。

shadeの森シリーズを少しは使おうと思い、猫目娘をソファに座らせてみました。
sofa01.jpg

スリップドレスに皺が寄るのが嬉しい。やっぱりクロスシミュレーターは楽しいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。