イラストへの憧れ
絵が下手な管理者が、絵を描かずにイラスト的なものができないかと日々実験しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデリング進行状況
手の進行状況。あんまり一箇所ばかりやってても仕方ないし、もうそろそろ体にくっつけてもいいような気もするけど、やっぱりもうちょっと関節とか作りこみたい気も。
hand05.jpg

スポンサーサイト
データ消失…
色々とショックだったので、微妙にコワレぎみです。
なにがショックだったかって、作りかけの手のデータを、読み込もうとしたんです。そしたら。
…おや?メタセコの「最近使ったファイル」に、作りかけた手が見当たらないぞ?おんや~?他のファイルも片端から開いてみても見当たらず、だんだん焦ってきましたよ?
もしかして私、昨日作った手のデータ、保存しないままソフト終了しちゃった?いや、データ保存してないまま閉じようとしたら確認ウィンドゥが出るはずだし、そんなバナナ。
そんで、全ファイル検索かけてみましたけど、私のPCの中には存在しないんですよ、せっかく立体感をつけた手のデータが!!
…もう内心やる気がへにょへにょと萎えていきましたけど、嘆いていてもしょーがないので、また作り始めました。そして作業に没頭してて、良い感じになった頃にですね、珍しくメタセコが落ちやがったんです。
…ええもう、メタセコは安価で軽くて高機能で安定してて素晴らしいソフトなんですが。でもやっぱりたまには落ちることもあるんです。そりゃまあ、私が持ってる他の3Dソフト、それどころか2Dでもワープロソフトでも、マメな保存は大事だというのはわかっていたんですが。メタセコは軽くて安定してるが故に、つい油断してしまったというか。身持ちが固くて良い子なことがわかってる彼女だからといって遊びまくってたらツケが来たという感じなのかしらー?(意味不明かも。すいません、なんせデータが消えてあうあうあう…状態なんで…)

…で、とにかく、他にどーしよーもないんで、また手を作りました。繰り返した分、上達してるんならともかく、そんな実感は大してないので、ぐったりです。…うう。
hand04.jpg

手の作成
しばらくぶりの更新。
調子の悪いPCの再インストールのとき、Judyの体に自作頭を乗っけたデータのバックアップ取るのを忘れてました。…確かにPoserの関節に不満は山盛りあるけど、便利には便利だったんですが…。とは言え、もう1回くっつけてみたところで不満がなくなるわけじゃないし。
だから、というわけでもないんですが、放置してた自作データの作成を進めることにしました。まずは手から。しつこく「平面にポリゴンの流れを配置して厚みをつける」手法に挑戦中。何でもかんでもこの手法だとかえって効率悪い気がひしひしとしてきましたが、どういうやり方ならもっと効率がいいのかがわからない…。
hand01.jpg
まだ曲面化表示するとこんな状態。
hand02.jpg
あれこれ調整して、こんなん。まだまだですね…。

hand03.jpg


雑感。
・今まであんまり使ってなかった「ねじれ」が便利だ。
・増えすぎた分割線を減らしすぎるとうまく形が作れなくて困る。
可愛い顔とは
昨日のモデルの顔がいまいち可愛くないので、頂点をいじってみました。
newface02.jpg

…可愛くないですね。
そもそも、どんな顔にするかも考えないまま、漠然と「可愛い顔」というイメージだけでポリゴンをいじり始めたのが問題でした。せめて目の形はどんなのか、眉毛はどんな感じか、その程度は決めておけば。
作る前にイメージを掴むには、ラフを描いてみるのが定番でしょう。あくまでも感じを掴むためですから、下手な絵でも問題はないはずです。どうせ見るの自分だけだし。
そうと決まれば話は早い。早速リベンジに備えて、ラフを描いてみましょう。
(しゃかしゃか)
…えー、形が歪みまくっている上に正直、白紙の上に頭の中の顔の特徴を描きだす技量がありません。なので一旦作った顔をアタリにして、そこに作りたい顔を書き込んでいった方が良さそうです。
材質設定を真っ白にして、あくまでもアタリ線用なので簡易に、プラグインのMetatoon Liteでレンダリングします。で、フォトショップに取り込んで色を加工。
atari.jpg

今度からはこの上に、目の形とか書き込んでいけばいいわけです。これがタブレットで上から書いたりできればかっこいいのですが、ペンタブ使いこなせないのでおそらく、プリントアウトして使用することになるでしょう。なんてローテクな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。