イラストへの憧れ
絵が下手な管理者が、絵を描かずにイラスト的なものができないかと日々実験しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LightWaveでレンダリング
念願のLightWave 3Dが、ついに手元に届きました。で、初心者向けの本とソフトに付属のチュートリアルを半端にやってみたのですが、覚えるのは大変そうです…。
LWのモデラーはバンドソーとか便利な機能が色々あるのですが、顔なんて作ってると一番時間を費やす「頂点をちまちまいじって形状を調整」のやりやすさはメタセコの方が上の気がします。なにしろメタセコだと「移動ツール選択→頂点選択→移動→次の頂点を選択→移動」で済むところがLWのモデラーだと「頂点選択→移動ツール選択→移動→ツール選択を解除→頂点選択を解除→次の頂点を選択→ツール選択→移動」ですから。それともこれって私がまだLWの使い方をわかっていないだけで、こんなに面倒なことをしなくても次々に頂点移動できるんでしょうか?だとしたら私の買った解説本は不親切です、面倒なやり方しか載ってませんでした。他にも透視図での視点移動がメタセコなら右ドラッグなのがLWだとAltキーを押さなきゃいけないとか、何かとキーボードに手を伸ばさないといけないことが多い気がします。
とは言え、バンドソーとかブリッジとか、メタセコにない便利機能がLWには沢山あるのも確かです。つまり両方使いこなせればそれが一番なんですが。幸いにしてLWとメタセコ間でデータ移動させるのは非常に簡単なので、併用でいきます。と言いつつ、やっぱりメタセコばっかり使いそうな気も。まあ、モデラーが欲しくてLWを買ったわけではないですし。というわけでチュートリアルもモデラーの方は途中から放棄して、お目当てのレイアウト方面ばかりやってました。
LW買ったらまず使いたかった機能である、unRealプラグインも試してみました。と言ってもまだLWでボーン入れてポージングなんていう段階に達してないので、例によって首から下はPoserのデータ、Poserでポージングしてクロスシミュレーション、書き出したデータをLWに読み込みしてレンダリングです。反射だの屈折だの色々オンにしたら、レンダリングに朝から晩までかかりました。…どんな風になるのか一度やってみたかったんです。結局思うような結果が出なかったので、後からレタッチでかなり手を入れてますが。…使い方を覚えるまでには、まだまだかかりそうです。
umi_girl01.jpg
海はポリゴンです。Photoshopのフィルターで波模様作成→板ポリゴンにディスプレイスメントマップ適用して変形後のデータ書き出し→モデラーで調整→レイアウトに読み込んでレンダリングという、レンダリング時間かかって当たり前のアホっぽい手段で作ってます。…どんな風になるのか一度やって(以下略)。これからもこの手のアホっぽい試みは山ほどすると思います。
服はセーラー服にしようとしたんですが、何度やっても襟やらスカートのプリーツやらがうまくシミュレーションできないので泣く泣くボツにしました。どーゆー設定にすればうまくいくのか…。LWのクロスシミュレーションも早く使いたいです…。でも、まずは骨入れたりしてみなきゃ~~。道のりは遠いです
スポンサーサイト
モーフターゲット…
猫目娘はもともと、少女のつもりで考えたキャラクターです。(色々と脳内で漫画っぽいストーリーを妄想してるので、脳内設定が色々とあるんです。…イメージ通りのものが作れているか、と言えばこれはもう全くの別物だったりするのですが。)
なので、Poser4の少女ボディに自作頭をくっつけてみました。Poser4少女のままだと想定年齢より年下っぽいので、ウェストは少しくびれさせて、胸も少し膨らませて…。と簡単にいけばよかったのですがこれが全然うまくいかない。まずPoserからP4少女を書き出し、胸のobjをメタセコで編集してモーフターゲットを読み込もうとしたのですが、これがなぜか何度やってもズレてしまう。何度も何度もいじっては読み込み、いじっては読み込み、もう疲れ果てたころになぜかうまくいきました。

あとでJUDYで実験してみたところ、やっぱり同じ現象が起きました。
JUDYago1.jpg

JUDYのアゴをマグネットで少し引っ込める。緑色の部分以外は動かしていない。
JUDYago2.jpg

このMTを読み込んで適用すると、頭部全体が前にズレてしまう。

何度も何度もいじっては読み込み、いじっては読み込み。もうほとほと嫌になりました。かといって原因不明のまま放置だと今後、自作のMTは一切使えないということをガマンしなくてはなりません。それは嫌だ…。
そして結局。疲れてダラダラとネットで検索しながら、ふと思いついてgeometiresから直接objを読み込んで編集したところ、うまくいきました…。
Poserから書き出すときに、フィギュアの関節リセットはしてたんですが。それでも微妙にずれが生じていたようです。
……それにしても、ここ数日の私の苦労って……。◯| ̄|_
Poserフィギュアの大きさ
Poserのフィギュアに自作頭をくっつけて、あちこち伸ばしたり細くしたりして漫画体系に近づけると、身長の調整が少々、面倒くさいです。
なにしろもともとのJudyの身長が180cm以上あるわけで、それを手足を更に伸ばしたりしてるもんですから、できあがった頭すげかえ人形は非常にデカくなってしまいます。これを身長160cm程度に縮めるには倍率は…と考えた途端に面倒になったので結局、メタセコで高さ160の箱を作ってそれに合わせて調整しました。
しかしこれだと、170cmのキャラクタとか180cmのキャラクタとか作るときはまた箱を作らないといけないのが面倒です。面倒はなるべく1回で済ませたいので、身長計になるような小道具を作ってPoserに登録しておこうかと思ったんですが、作るのが面倒です。Poserのデフォルトの小道具に身長計とか入ってたら便利なのに。
…と思ったんですが、もともとPoserに入っているデータのスケール自体がいいかげんなので、それはちょっと無理かなあという気もします。
デフォルトで入ってる猫のフィギュアなんて、自作頭キャラクタの身長を160cmに調整して、大きさを比べてみるとこんな感じです。
nekotoissyo.jpg
でかいよ猫。ていうか猫なのかこれは。
でかいのはスケールなぞ無視して作業のしやすさを追求した結果なのかと言えば、馬やライオンは犬猫よりは大きいので、そうとも言い切れないようです。
Poserの動物フィギュアをいくつか、読み込んだままのサイズで並べてみると、こんな感じです。
animals.jpg
やっぱりでかいよ猫。確実に犬よりでかいよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。