イラストへの憧れ
絵が下手な管理者が、絵を描かずにイラスト的なものができないかと日々実験しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
unRealを試してみました
色々とunRealの設定をいじってみました。とにかくもう、トライアンドエラーの繰り返しです。なにしろ深度だとかアルファ値だとか用語の意味がわかってない(深度って奥行き?カメラ面に対するz方向の距離、って解釈でいいのでしょうか…)。ひたすらパラメーターをいじっては結果を見て、気にいらなかったらまたいじる、この繰り返しです。
そんな効率の悪い試し方をしているので手間がかかるのは当然なのですが、中でも線が出なくて苦労したのが口のライン、二重まぶたのラインと鼻のラインです。
口のラインは結局、口の内側のサーフェイスを真っ黒にして、材質そのもので線っぽく見せてます。しかしこれだと、口を開いたときに困ります、口の中真っ黒。…モデルの形状修正して、サーフェイス分けでラインを出したほうが良さそうです。
二重まぶたと鼻のラインでは悩みまくりました。法線の折り目で線を出す設定にしようとしたのですが、それだと目の周りとか、線が出てほしくない部分に線が出てしまいます。あちらを立てればこちらが立たず。仕方ないので目と鼻の辺りだけ別サーフェイスにして、ToonTracerのレイヤー分けで設定を変えることにしました。しかしそれでもまだうまくいかず、結局モデルを修正。
二重まぶたは、ポリゴンを切り離してみたり、ちょっと移動させてみたり色々トライした結果、「まぶたの折りたたみラインをもっと深くする」という修正になりました。…最初から、深く考えずに形状修正してりゃよかったような。鼻のラインはもっとちゃんと線を出したかったんですが…。やたらと太い線になってしまったので修正したらこんな、鼻の頂点にちょっと線が入るだけになっちゃいました。
test_unReal_02.jpg
…次は骨入れてみよう…(ああ大変そう…)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。