イラストへの憧れ
絵が下手な管理者が、絵を描かずにイラスト的なものができないかと日々実験しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭をすげ替えてみました
なんとか気軽に絵が作れないもんかとの手抜き合理的思考から、まずはPoserのフィギュアに自作の頭をくっつけてみました。

newface.jpg
作りかけのモデルの眼窩と眼球を作りこんで、顔を調整、まつげと眉毛の作成。苦労してまつげの形を透明マップ貼り付けで切り抜いてみたんですが…。
顔に貼り付けてみたら、全然目立たず、結局使えない…。こういう漫画顔のモデルの場合は、ベースのアイライン部分をしっかり作って、そこにまつげを乗せる感じで作った方がいいですね…。
口の中は一応、球状に空けてありますが、歯とか舌とかは作ってません。まあ舌はあったほうがいいけど、こういうキャラであんまりきっちり歯とか歯茎とかあってもねー。
Poser5のJUDYの体型を調整してobj形式で書き出して、メタセコに読み込んで位置合わせ。首の接合部はJUDYの頭部のポリゴンをコピーして自作頭に貼り付けてあるんですが、位置合わせがいい加減なので継ぎ目が出てしまってます…。
髪もPoserの髪をかぶせて、服もPoserデフォルトの服着せて、ポーズ付け。
…それにしてもPoserの関節は扱い辛いです。Mikotoみたいに、関節のはしっこのロケータをつまんでポージングできたらいいのに…。しかもアンドゥが一回て。いちいちマウスで画面上をクリックしなきゃいけないとこは多いし…。
自前で作ろうと思うと気が遠くなるほどの作業量が必要になるボーンとか服とか用意されてるのは、とってもありがたいですが。ですがですが。ライブラリに入ってるデフォルトのポーズとらせただけで既に関節破綻してたりするのはどうにかならんのかと思うのですよ。特に上腕から肩のあたり。
まあでもなんとか、エセ格闘っぽいポーズ(そう見えませんが、構えてるポーズです…)をでっち上げて書き出し、メタセコでまた調整してからmetatoonでレンダリング。

pose01.jpg

後からレタッチで、輪郭線をオーバーレイで重ねているのが右、普通に乗算で重ねているのが左。
…んー、オーバーレイで重ねると手書きイラストっぽい雰囲気になるんですが、こういうキャラの場合は普通に乗算で重ねた方がいいかな。それに手の大きさが小さい…。
思ったよりかなり使えそうですが、まだまだ調整が必要です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teikuhikou.blog20.fc2.com/tb.php/9-948d9b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。